読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忍たま乱太郎

 忍たま乱太郎を最後に見たのはいつだったのか思い出せないくらい昔なのですが、今僕に言えるたったひとつのことは、あの頃は幸せだったということだけです。実家との仲も当然よく、義務なんてほんと宿題くらいしかなくて、それさえちゃっちゃと終わらせれば、黙っていても美味しい晩ご飯が出てくる、そのような時代でした。実家の居間にある赤いじゅうたんの上で寝そべりながら、午後 5 時 50 分から始まる 10 分間のアニメをぼんやりと眺めていました。一番覚えている ED はこれかなあ。映像は違うみたいですけど。そして、天才てれびくんが始まるのです。

 

www.youtube.com

 

 たまに、地方で忍たま乱太郎の着ぐるみショー*1みたいなのがあって、土曜日の朝なんかに放送されていたのですが、それを見て若かりし僕が多少興奮していたことは、今更特筆すべきことではないでしょう。まあ、あくまで多少です。僕は、女の子の着ぐるみに興奮するんだ。彼らバク転とかするしな。よっきーさん*2とか、着ぐるみ着たままバク転できそうだなあ、と漠然と思っていたのですが、できないそうです。マジか。うちの父親、全盛期はバク転できたらしいから、よっきーさんも当然できると思っていました。素ならできるのかな。

 

 例によって、仕事が辛いので、酒を飲みながらブログを書いているのですが、だんだん酔いが回ってきて訳がwかあrたなくってきて「、へんなことかいてるかもsれいなけど、ごめんあんあさい。で、ですね。忍たま乱太郎を見ていたなんてそれこそ小学校中学年くらいが最後なんですよ。そしたら、高校に入って、なんか腐女子に人気みたいじゃないですか。

 

 事実、高校の文芸部の後輩にひとり、忍たま乱太郎もとい落乱*3にはまった人がいまして。二次創作をやったり追いかけたりしていました。食満先輩が好きだったようです。まず、読めねーよ((「けま」と読むらしい。pixivによると、食満留三郎(けまとめさぶろう)は、六年は組で、気が強く好戦的でショタコンらしい。知らんけど。)。僕にはさっぱり分かりませんでしたが、Twitter で、延々と食満先輩への愛や魅力、CP の持論を語る様子は、なんだか見ていてとても微笑ましく、無駄に癒やされていました。よく分からなくても、好きなものを延々と語る人を傍らから見ているのは、なんとなく幸せを感じるものです。僕が Twitter で滔滔と着ぐるみさんへの愛を語っているのも、着ぐるみに興味のない人が見てもそんな風に受け止められていたらなんだか嬉しいなあと思う次第でもあります。今は、落乱は卒業して、"2.5次元"である男性アイドルの追っかけをしているようです。それはそれで幸せそうなのでいいと思います。こないだ「ぎゅってしてもらった」ってエピソードを嬉しそうに語ってくれました。お、俺の前で「2.5次元」って言葉を使うか、と思いましたが、まあいいと思います。アイドルが2.5次元なら、着ぐるみはどうなるんだ。2.25次元か。

*1:調べてみると「忍たまがやってくる」というタイトルで放送されていたようである。

*2:僕の師匠。着ぐるみを着たまま川で泳ぐ。

*3:落第忍者乱太郎。原題。