読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熊本

 最近、1 秒間に 24 回くらい「学生時代に戻りたい」って思っている気がします。端的に言って、辛すぎます。人間、相性というものがあるのですね。いくら、パフェとカレーが双方美味しいからと言って両方同時に食べるということは、普通しないと思います。ですが、社会または会社というのは、それを同時に食う場所なのです。同時に食べた結果、やっぱり不味かったねで済ませられればいいのですが、しばしばこれを食べ続けなければなりません。挙句、どちらか一方のせいにされます。当然ですが、えらいほうが勝ちます。パフェの方がえらければ、カレーの方に「非常に問題がある」と言われる羽目になるのです。確かに、言われてみると、そのカレーは人参が若干生だったり、ルウが足りていなかったり、と問題があるのは事実なので、尚更のこと悩むのです。カレーを責めたところで、カレーパフェは美味しくなんかならないのに。ってとこまで書いて、「カレーパフェ」でググるクックパッドが 8 件も引っかかりました。なんだよ、やっぱり俺が悪いのか。クソが。

 

 さて、うつ状態になりながらも、辛うじて文章は書けるので本日の話題。僕は、18 きっぷで旅行するのが好きで、長期休暇*1には、乗りつぶしも兼ねていろんなところへ旅行している(いた)のですが、今まで一番ハードだったのが、千葉県から中央本線飯田線*2を経由して京都まで一日で帰ってくるという行程だったのですが、二番目にハードだったのは京都から熊本*3まで一日で行くという行程でした。なんせ始発が終電の三本前という有様でした。朝 5 時の列車に乗って、着くのが夜の 21 時とか22 時でした。僕は、乗りつぶしもできるだけ退屈しないよう、途中下車を挟んでのんびり行くのですが、このときばかりは確か一回しか途中下車できてないと思います。

 

 なぜ熊本に行ったかというと、他でもない卯月くん*4 に会うためでした。今では社畜で九州島から出られなくなってしまった身であるが*5、当時まだ大学院生だった卯月くんは、今よりは時間の余裕もあり、僕が遊びに行くことができたのでした。

 

 卯月くんとナニをしたのかはあまり覚えていませんが、とりあえず卯月くんの部屋*6のベッドで一緒に寝たことは覚えています。卯月くんが朝妖夢*7 になって起こしてくれました。なんていうか、ウブですよね。

 卯月くんは僕をドライブに連れて行ってくれました。おべんとうのヒライでちくわサラダ*8を一緒に買いました。そして、南阿蘇鉄道に一緒に乗りました。阿蘇下田城ふれあい温泉駅は、駅舎に温泉が併設されており、一緒に入りました。熊本は自然が雄大でほんと景色が美しかったです。
 卯月くんは、僕がホモに目覚める(?)きっかけになった一人でもあり[独自研究?]、当時は熱烈なラブコールを送っていたのですが[要出典]、ついに卯月くんは振り向くことはなく、女性レイヤーさんの方を選んでしまったのでした*9

 

 熊本と言えば恐ろしい幼女*10がいることで有名だが、それはまた別の話。

*1:学生を生かし、社会人を殺す用語。研究室生を除く学生は 2 ヶ月の長期休暇があるのに対し、社畜はわずか 5 日程度しかない。

*2:長野県の辰野から愛知県の豊橋までを結ぶ長大なローカル線。乗り通すと 7 時間近くかかる

*3:正確には上熊本。実は僕は、鹿児島本線熊本駅まで乗り潰せていない。

*4:着ぐるみクラスタの知り合い。変態ヘタレというキャラで、他の人にホモと言わしめるほどだったが、いつの間にか女性レイヤーさんとよく遊ぶようになっていた。出会い厨である(違。

*5:たまに関東に出てくると、飛行機に乗り遅れて、今度は九州に帰れなくなってしまう。

*6:散らかっていたが、かなり広い部屋だったのでなんとか秩序を保ててるような感じだった。今は福岡に引っ越し、ひどいことになっているらしく、なかなか家に上げてくれない。よっきーさんのように強引に押しかけないと家に入れてくれない。

*7:魂魄妖夢東方Projectのキャラクターで、卯月くんの初めの娘さん。ぬこ面 5 式のカスタムである。

*8:熊本のローカルフード。つくわにポテトサラダが挟まれたお惣菜である。

*9:些か批判的かつネタにするような言い回しで書いてあるが、着ぐるみもコスプレの一種であるという観点に立てば、両者の交流が生まれることは実に好ましいことであり、賞賛すべきことである。

*10:紗夜というi-keyさんの娘さん。腹パンしてくる。